カテゴリ:粟島( 11 )

粟島Ⅵ

夕食後 港で子供達が花火で遊ぶのを見ながら漁師のおじいさんと雑談
f0032130_19242877.jpg

明日は、網を入れるので4時に出漁とのこと 朝が早いので8時には寝ると帰っていきました
私も泳いだ疲れに酔いが手伝い10時に就寝 翌朝6時まで熟睡でした。
朝食は、粟島名物のわっぱ煮付で港の近くの海岸に海の家があり焚き火で焼いた魚をワッパにいれお湯と味噌と焼いた石で沸騰させる豪快な漁師料理です。
f0032130_1810238.jpg

無口な宿のご主人が朝早くから3人の為に焼いていたとは・・。
f0032130_18104019.jpg

f0032130_1811366.jpg
f0032130_18112220.jpg

海岸で潮風にふかれながら食べる朝食は、格別ですべて完食でした。
カモメとウミネコ?たちは、ならんで食べてる様子をうかがってます。
f0032130_18235999.jpg

f0032130_1826419.jpg

f0032130_1827196.jpg

高台にある神社から 
f0032130_1828058.jpg


宿のおばさんいわく 何にも無くてごめんね 魚しかないし・・。
とんでもない 綺麗な海と美味しい魚 これだけで船に乗って来たかいがありました。
来年も必ず来ますのでご主人と健康でいてくださいと・・・。
おそらく私の親と同年代であろう夫婦二人だけで営む漁師民宿 素朴で商売毛がなく
探していた素晴らしい宿でした。

お土産までいただいて
f0032130_1851946.jpg

内浦港から帰路へ
f0032130_1913182.jpg

f0032130_1915886.jpg

f0032130_1922712.jpg

来年こそ何の影響もなくシーズンを迎えられるよう願うばかりです。


               END
by tacchikoichi | 2007-08-08 19:26 | 粟島

粟島Ⅴ

民宿に到着し軽めの昼食をとり早速 水着に着替え海へと。
部屋の窓から
f0032130_14463899.jpg

あいにく曇り空ながら透明度がたかくシュノーケリングには、最高です。
f0032130_14522824.jpg

f0032130_16114699.jpg

f0032130_16121652.jpg

島内のあちこちにあわびとサザエを獲らないように張り紙がしてある理由が潜ってみると
わかりました。
いきなり蛸が岩陰から・・。 タコ獲ったど~
f0032130_1456486.jpg

ムラサキウニも・・。サザエとあわびは、獲ってはいけません密猟になります。
f0032130_1512239.jpg

沖にむかって泳いでいると眼下を大きな魚達が悠々と通りすぎます。感動

気がつくと夕方5時 6時からの夕食にあわせ海からあがり風呂に入りました。
海の幸 ボリュームたっぷり ご飯とタイのあらの味噌汁付
f0032130_1544461.jpg

海から涼しい風が入りエアコンは、いりません
ビールのあとは、焼酎を1本注文しお湯割りで・・。
宴も酣 宿のおばさんから 「夕日が見えるよ~」と教えられ港へと・・。
f0032130_1612186.jpg

水平線に厚い雲があるもののきれいな夕日でした。 つづく
by tacchikoichi | 2007-08-08 16:12 | 粟島

粟島Ⅳ

フェリーが接岸しいよいよ上陸です。
切符を係員に渡し予約を入れた民宿の旗を探すと 麦わら帽子をかぶった
おばさんが笑顔で出迎えてくれました。
ワゴン車に荷物を積み込み6キロ先の西岸に位置する釜谷地区へと向かいます。
車中の話の中で  昭和39年の新潟地震では、震源地に近く かなりの被害で湧き水が止まり
田んぼが作れなくなったことや海岸線が隆起して土地が広がるなどいろいろな話を聞かせていただき また
今回の地震では、まったく被害等は、ないがキャンセルが相次ぎ 漁で取れた魚にまで
風評被害による影響が深刻だそうです。
釜谷地区 民宿 食堂 お土産屋がある中心部
f0032130_7481022.jpg

釜谷港 
f0032130_7511089.jpg

防波堤からアジや小魚が泳いでいるのがみえます。
f0032130_7514237.jpg

f0032130_7574294.jpg

f0032130_7581169.jpg

f0032130_7584088.jpg

f0032130_7593756.jpg

f0032130_80137.jpg

情緒のある小さな漁港です。  つづく      
by tacchikoichi | 2007-08-04 08:13 | 粟島

粟島Ⅲ

この日は、波は、穏やかで甲板にゴザをひいて宴会をするグループもいましたが
各所に備え付けられているブルーのビニール袋をみる限り海況によっては、かなり揺れ
る時もありそうです。
だんだん粟島に近づき船員の方が接岸の準備をはじめました。
f0032130_9493716.jpg

内浦港に入港する前に大きな汽笛をならしゆっくりと入っていきます。
岩船港との海水の色の違いに驚きました。
f0032130_1085535.jpg

民宿の迎えの車がずらりと勢揃い それぞれの民宿の旗を手に出迎えてくれます。
近くの民宿なのでしょうか?軽トラに荷物と客を乗せていきました?
f0032130_1025351.jpg

この中にはパトカーと警察官が2名 不審者の進入にッ目を光らせているそうです。
                                            つづく
by tacchikoichi | 2007-08-03 10:23 | 粟島

粟島Ⅱ

今回 乗船したフェリー粟島は、普通船でほかに高速船もありますが
時間に余裕があるので大きいフェリーで高い所から海を眺めてみようと
二等席(片道1830円)で乗り込みました。
f0032130_1018050.jpg

f0032130_10183090.jpg

f0032130_10191425.jpg

f0032130_10202812.jpg

定員489名 時速27.8キロ 1時間半の船旅です。
途中新潟沖にある天然ガスか油田のような構造物が見えてきました。
f0032130_10274331.jpg

ずっと甲板で海を眺めているとトビウオが目の前を飛んで子供から大人まで歓声を
あげてました。 つづく
by tacchikoichi | 2007-08-02 10:37 | 粟島

粟島1

会津若松の自宅を朝6時に出発し国道49号を新潟方面へ津川の先 三川から新発田へ
抜ける近道を通り国道7号に出る 113号を過ぎたら道の駅の手前を左折すると岩船港です。
走行距離140キロ 所要時間は、2時間45分
無料の駐車場があり車を停めて切符を買いに行くと出航1時間前で乗り場では、長い列が・・。
名前と住所 年齢を書いて切符を購入後並んでいると学生の団体が続々とやってきてたちまち
家族ずれと合わせて満員状態です。
f0032130_6475530.jpg

フェリーあわしま  島民と工事関係の車のみ積載可
f0032130_64940100.jpg

7月30日月曜日 平日ながら人気の高さに期待感  つづく・・。
by tacchikoichi | 2007-08-01 07:10 | 粟島

MINI

心配された梅雨入りも順調に・・。 まずは、一安心ですが今朝は、19度と梅雨寒です。

先週一杯で第二弾のスノークイーンの出荷も終了し 続く昭和村での第三弾まで開花待ち
となり ちょっと一息 ようやく付けました。

日曜日の昨日は、娘と郡山へ買い物に出掛け ついでに新型MINIを見るためディ-ラーへまわり試乗までしてきました。
さすが英国が誇る名車です 小型ながら高い安全性と優れた性能に只々感服しきりでした。
f0032130_9314023.jpg

f0032130_932658.jpg

f0032130_9323365.jpg

f0032130_933356.jpg

f0032130_9361534.jpg

f0032130_9335818.jpg

スノークイーン終了
by tacchikoichi | 2007-06-25 09:41 | 粟島

市場

結局 夜桜は、断念し23日早朝に関東市場訪問へ出掛けました。
今回は、東京 日野市と横浜そして今日は、大田市場を廻り
夕方5時に帰宅しました。
出荷前の市場との打ち合わせは、すべて終了しあとは、開花を待つのみとなりました。
5月13日母の日に向けてカーネーションの鉢物展示
f0032130_18474480.jpg

大田市場花き部
f0032130_18503335.jpg

f0032130_185491.jpg

f0032130_18543164.jpg

by tacchikoichi | 2007-04-24 19:02 | 粟島

帰還

昨日の夕方 予定通りにすべての行程を終え無事帰還しました。

f0032130_7501083.jpg

f0032130_751688.jpg

by tacchikoichi | 2007-04-13 07:51 | 粟島

市場訪問

明日より市場訪問に出掛けます。
今回は、新潟廻りで長野を皮切りに静岡県内2市場を廻り
翌日、名古屋から岐阜にそして3日目に大阪へ入ります。
帰りに北陸 金沢を廻る3泊4日の行程になります。
またまた8名の参加でエルグランドが満杯になりました後部座席の
6人は、すし詰め状態で2000キロを乗ることになります
おそらく運転する私より疲れることでしょう・・。

では、行ってきます(^^)
by tacchikoichi | 2007-04-08 19:30 | 粟島