大寒??

今日は、24節期のひとつ大寒で一年中では、一番寒い時期
のはずが何故か雪もなく春めいた陽気となりました。
この所は、雪ではなく雨が降るという昨年の大雪とは、対照的に
極端な暖冬傾向にあり、自然の歯車が狂いつつあるのでしょうか?
f0032130_1764048.jpg

大寒の雪国?
# by tacchikoichi | 2007-01-20 17:08

想定外

先日試したスライドショーやはり重くなり削除したところ
コメントまで飛んでしまいました~
未熟なものでm(_ _)m

今週は、ブログのネタを探しに市内を・・。
と、思っていたら予想外な問題が発生し対応に苦慮。
思わぬ出費に(ガクッ)
まっ、気を取り直して来週は、徘徊(笑)しようと思います。
# by tacchikoichi | 2007-01-19 18:07

小正月

冬の青空がひろがった12日 
若松から国道118を南下し下郷町より船鼻峠を越えて昭和村へ
f0032130_15545390.jpg

f0032130_15555470.jpg

今のところ昨年より積雪は、少ないようです
f0032130_1675794.jpg

f0032130_16103922.jpg

翌日は、小正月の伝統行事だんご差し(みづきの木に
色とりどりの団子を差し 家内安全や五穀豊穣を願う)
の日にあたり、妻は、懐かしそうに母と団子をつくり父が神棚に供えました
f0032130_16413125.jpg
f0032130_16424487.jpg

# by tacchikoichi | 2007-01-13 16:46

おかげ横丁

伊勢名物「赤福」が、『内宮の門前町「おはらい町」の中ほどで、約300年間変わらず商いを続けてこれたのも、お伊勢さんの「おかげ」』という感謝の気持を持って、平成5年7月に誕生させたまちが「おかげ横丁」です。
f0032130_933280.jpg

江戸時代、当時の人口の1/5にあたる人々が、日本全国から「伊勢に行きたい伊勢路が見たい せめて一生に一度でも」と伊勢へ押し寄せました。居住移動することを制限され、満足な宿泊施設もない当時の参宮は、まさに命懸けの旅であったことでしょう。
 しかし、伊勢の人々は、自分の施しが神様に届きますようにと「おかげの心」で「施行」と呼ばれる振る舞いを行い、物・心の両面から旅人を支え、あたたかく迎えたと言われています。時代は変わり、平成の世となりましたが、伊勢人の中には、日々あることを神に感謝する「神恩感謝」の精神が受け継がれています HPより

 
# by tacchikoichi | 2007-01-12 09:12 | 伊勢詣り

楽市楽座

会津地方最大の初市 十日市は、会津若松の
まちづくりの祖 蒲生氏郷公時代の楽市楽座が起源とされます。
時折 小雪が舞う中大勢の福をもとめる人達でにぎわいを見せてました。
 
毎年我が家でも必ず風車と起き上がり小法師を買い神棚に飾ります。
f0032130_1133506.jpg

f0032130_11351374.jpg

f0032130_11362369.jpg

f0032130_1143591.jpg

f0032130_1138228.jpg

f0032130_11393265.jpg

f0032130_11405413.jpg

# by tacchikoichi | 2007-01-11 11:45

伊勢詣り

 熱田神宮から伊勢神宮それから京都散策の旅より
 昨夜(9日)帰宅しました。
 出発前に心配していた天気も行く先々で回復し持参した
 雨具は、結局使わず仕舞いで
  「こいつは、春から縁起がいいわい!!」
 と密かにガッツポーズ
f0032130_13415550.jpg

 一日目の名古屋 熱田神宮(熱田さんとお伊勢さんの御札 両方をお祭するとよいそうです。
f0032130_13173199.jpg

 繁華街 名古屋錦に宿泊
f0032130_1324994.jpg

二日目伊勢神宮 外宮
f0032130_1327919.jpg
 
    伊勢神宮 内宮
f0032130_13294352.jpg
 
 五十鈴川でお清め
f0032130_13314759.jpg
 
 初詣と成人式でかなりの人出
f0032130_13425431.jpg

 これから会津若松の初市 十日市に行ってきます。続きは、明後日
# by tacchikoichi | 2007-01-10 13:47 | 伊勢詣り