<< 子育て 満身創痍 >>

暗期中断

雪が、すっかり消えて、そろそろ新しいハウス建てを始める時期になりましたが、北風が寒く風邪が治り切れないので、来週の気温が上がってからにしました。
代わりに新植苗にLED電照を暗期中断(22:00〜2:00)で取り付けました。
f0032130_18572497.jpeg
その後、最近良く行くようになった本郷のJAへ飾り花を持って行き、肥料を購入しました。
f0032130_19075901.jpeg
以前 青森出身の方から頂いた「ニシンの切り込み」の美味しさを思い出しネットで検索した ところ近くの(サトウ商会)に売られている事が分かり早速買って来ました。
f0032130_19124470.jpeg
会津のニシンの山椒漬けとも違う美味しさに酒量が増えそうです。

また今日は、カミサンが昭和の両親を南会津病院へ診察に連れて行く日でした。
91歳と88歳なので、話のわかる親族の付き添いが必要になり新たな治療にも同意が必須です。
耳が全く聞こえない父が肩が上がらないと言う事でレントゲンを撮り 幸いにも骨には異常が無い事を医師が
「昭二さん 骨には異常が有りませんでした。」と告げると
「なぬ〜聴こえねえ〜」
2、3度同じ繰り返しが有り 思い余った医師が、大声で
「骨は、さすけねえがら〜!」「注射しとぐがら〜」と言い放つと、待合室からも笑い声が聴こえ診察室が爆笑の渦になったそうです。
父も聴き慣れた方言を理解して「わがった!何でもやってくろ〜」と ようやく理解出来たという事でした。
帰り際に父がボソッと「あの医者は、いい医者だなあ」と言っていたそうです。
やはり理解し合えるのは、同じ言語(方言も含む)で同じ目線に立つ事が大切ですね。


by tacchikoichi | 2018-03-23 18:44 | 花作り
<< 子育て 満身創痍 >>