<< 小笠原旅行記5 雪景色 >>

小笠原旅行記4

到着した夜は、港の待合所にて小笠原郷土芸能の披露が行なわれました
沖縄とは、違った南洋ポリネシア文化の影響が色濃く感じます。
f0032130_11301485.jpg

f0032130_11304552.jpg

f0032130_11311687.jpg


到着から二日目の朝 前日に予約を入れたホエールウォチング&ドルフィンスイミング 
今回の旅の最重要目的ツアーが本州を通過した爆弾低気圧により海がオオシケで船が出せないと言う 確かにニュースの天気図を見ても台風並みに発達した低気圧の等圧線が混み合い
暴風が吹くパターンである 早めに通過してくれると台風一過という期待をして翌日に予約を伸ばして 強風吹き荒れる中 島内散策にバイクで出掛けた。

無人島発見の碑1593年信州松本の城主の孫 小笠原貞頼が発見したと伝えられている。
f0032130_11521026.jpg

f0032130_1138046.jpg

 戦時中 魚雷による攻撃で座礁した船  沈船が漁礁になりシュノーケルポイントだが残念
f0032130_11383620.jpg

f0032130_1139731.jpg

f0032130_11393564.jpg

f0032130_11395959.jpg

所々で野生のヤギと遭遇する。増えすぎて駆除をしてるためか?すぐに逃げてしまう
f0032130_11402913.jpg

f0032130_12102285.jpg

f0032130_1203322.jpg

f0032130_1205693.jpg

山頂には、砲台の跡も・・。この地でも多くの戦跡がそのまま手付かずで残っています。
f0032130_12112021.jpg

f0032130_1212023.jpg

f0032130_1214730.jpg

鹿児島の種子島から打ち上げられるロケットを追跡する宇宙航空開発機構
f0032130_12181491.jpg

f0032130_12184192.jpg

日本に4箇所(岩手・鹿児島・石垣)の国立天文台小笠原観測所直径20メートルの電波望遠鏡
f0032130_12235140.jpg

f0032130_12241397.jpg

f0032130_12244118.jpg

f0032130_13203749.jpg

しばらくの間 鯨やイルカを探そうと望遠で見ていると時折 突風で吹き飛ばされそうに・・。
f0032130_1321741.jpg
f0032130_13231285.jpg

結局この日は、強風による潮で霞がかりせっかくの景色が残念でした。
                                        続く
by tacchikoichi | 2008-02-02 12:35 | 小笠原 父島
<< 小笠原旅行記5 雪景色 >>